越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は、家内と家内の実家の仏壇参りと、私の亡母のお墓参りを済まし、お取引先でもある間瀬の丸一旅館へお昼を食べに行ってきました。
磯丼
フライ定食

お昼時もあって食堂の席は、ほぼ満席。やはり新潟は暖かくならないと、お客様はなかなか外出しないという事がはっきりとしています。

SUITO掲載号表紙
SUITO掲載ページ1
SUITO掲載ページ2

今回、こちらの丸一さんはSUITO 14号という雑誌に下の写真の通り紹介されています。

温泉に入り、「昼酒ランチ」良いですね。
これからの季節になれば「飲んで寝転んで過ごす大人の休日」なんかも良いと思います。
キーワードは「昼酒」です。

酒呑童子神社石碑
縁結び神社
酒呑童子神社の鯉

丸一さんからちよっと足を延ばし、寄ったのが「酒呑童子神社」です。
この近辺は良く来ますが、ここは初めてよりました。五重の塔に魅せられて寄ってみました。
一番下の写真の「ひとなっつこい鯉」は面白く、餌をやって食べる時の「ナマズような顔」がなんとも和ましてくれました。

130320弥彦付近のふきのとう

そして最後に、この近くで「ふきのとう狩り」をして帰路に着きました。

早春の間瀬~弥彦~岩室地区、山野草の散策も出きるお奨めスポットです。


スポンサーサイト
馬頭琴コンサートイメージ


初夏の潮風を感じ、日本海に沈む夕日を観ながらのモンゴルの幻想的な馬頭琴の演奏を楽しむミニコンサートです


♪日   時  6月30日(土) 18時~旅館 丸一にて
♪出 演 者  「エルデニズー」 (男二人 女一人の3人編成)
♪演奏 内容  壮大な草原がとても似合う歌唱と演奏です。そしてモンゴル独特のホーミーです。
        (ホミーとは口笛を吹くのと同時に喉の奥かのら声と二重の声を出すことです。)
        グループはホーミーと民族楽器の馬頭琴や琴を中心に演奏し唄います。
        
        ※当日は、出演者によるモンゴル家庭料理の振る舞いや、ご希望者には当館自慢の
         新鮮な魚料理のメニューも楽しんで頂けます。
         また、お帰りがてら、旬なホタルの演舞も近郊で楽しむことが出来ます。
         是非、初夏の田ノ浦温泉を堪能されて下さい。

私の大好きなお取引先さまの一社です。
是非、初夏の週末のひと時を「幻想的な御くつろぎの時間」として過ごして見て下さい。
詳しくは旅館 丸一さんまでお問合せされて下さい。
120338お刺身
120338お刺身かわはぎの肝

昨日、いつもお仕事でお世話になっている新潟市西蒲区の間瀬にある旅館 丸一さんから、その日の間瀬で揚がった地物お刺身のおっそわけを頂きました。
かわはぎ、鯛、海老、それに写真下のかわはぎの肝を頂き、肝を醤油でといて大変美味しく頂きました。

本当にに何故新鮮な刺身は甘く感じるのでしょうか?
頂いた肝につけると尚、一層甘みを感じました。

新潟市からちょっと西へいけば、こんな地物のお刺身が食べられるお薦めのお店です。

120107年賀状
お仕事でお世話になっている旅館 丸一さんから今年頂いた年賀状です。

こちらは間瀬海岸にあり、日本海に沈む夕日と旨い地物の魚が売りの旅館です。
特別感謝価格より、さらにお安くなっていて「自分だけ特別」という扱いをして頂いているという得した気分にさせて頂けました。

是非、お魚料理が好きな方にはお薦めの宿です。
魚料理は冬場の方が揚がる魚の種類は多く、間瀬近郊でとれた色々な種類の味を堪能出来るそうです。特に刺身料理には絶対の自信を持っている旅館です。

皆様も是非、一度お召し上がって見て下さい。お勧めです。






110528一代目あべ入口
110528一代目あべお店の壁
110528一代目あべ ナプキン
110528一代目あべ板長

家内の誕生会をしてあげるため、新潟市中央区古町にある新潟古町和ごころ一代目あべというお店に行って来ました。
ここのお店は家内が以前より気になっていたところらしく、自分で予約をしたお店です

110528一代目あべメニュー
110528一代目あべ地酒メニュー

このお店は、月ごとでコースメニューにテーマがあり、皐月の今月は「~木漏れ日に薫風揺らすこい心~」というテーマでした。
さらに下の写真は、メニューに合う日本酒を出してくれるメニューを追加して貰い、その料理にあう、それぞれのお酒の銘柄メニューです。

110528一代目あべ八寸
110528一代目あべ乾杯酒南部美人
110528一代目あべ 越後美人

上の写真は乾杯酒の東北のお酒の南部美人と、八寸にお勧めの上越酒造の越後美人です。
同じ美人でも全くタイプの違う美人であり、八寸の箸のすすみをいずれにせよ速めるお酒でした。

110528一代目あべ筍の椀物
110528一代目あべ松乃井

次は筍の椀物と松乃井酒造の松乃井という組み合わせです。
こちらのお店は酒匠の知野さんという方が、お酒の説明を都度してくれます。椀物と日本酒、なかなかない組み合わせでした。

110528一代目あべ こうぐりのお造り
110528一代目あべ 逸見酒造至

次は、こうぐりのお造りと佐渡の逸見酒造の至の組み合わせです。お酒では一番個人的に気に入ったお酒です。
私自身が本当の酒飲みではないので、淡麗な飲みやすいお酒が好きなのと、佐渡への思い入れで気に入ってしまいます。また、こうぐりも旬な時に刺身にすると大変美味しいものである事が分かりました。

110528一代目あべいぶり鰺の和え物
110528一代目あべ越乃花霞

次は、変り鉢のいぶり鰺の和え物と新潟銘醸の越乃花霞という組み合わせです。鰺の味を邪魔しない飲み口のお酒でした。

110528一代目阿部口細カレイのから揚げ
110528一代目あべ 豚肉トマトソース煮

こちらはメイン料理の魚料理の口細カレイのから揚げと、私の頼んだ豚肉トマトソース煮です。白身の魚で小骨のないから揚げが大好きなので、口細カレイのから揚げに気に入りました。

110528一代目あべ筍ごはん
110528一代目あべ抹茶ブランマンジェ

こちらはお食事の筍ごはんとデザートについた抹茶ブランマンジェです。
旬な食材と美味しい地酒を充分に堪能させてもらいました。

110528一代目あべ お誕生日ケーキ
110528一代目あべ 誕生日のお花

最後は、家内の誕生日コースであったのでケーキとお花のプレゼントをお店より貰いました。

110528一代目あべ鹿児島の焼酎を作る水

そしてこのお店で出すお水は鹿児島の焼酎をつくる硬水の水を取り寄せて使っているというこだわりを持ったお店でした。

大事な方々をおもてなしするときに使いたいお店です。
是非、一度行ってみて頂く価値のあるお店だと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。