越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
床クラック部分2
↑コンクリートクラック補修前
床クラック部分補修
↑コンクリートクリック補修後
この週末、耐久性の高い油床塗料の販促の為、お客様の補修施工のお手伝いをさせて頂きました。

その中で「ある道具を使い、目的を達成する」。そして「床を綺麗にするとどんなメリットがお客様にあるのか?」。さらには「床を綺麗にする取組を何かのきっかけに出来ないか?」
こんな事が一つに繋がり、それが「人を育てること」に繋がる事が明確に理解出来た週末でした。

工場内でよく言われる「5Sや3S」
これはとても大切な事が日頃の仕事の中で身についています。
そして、それを如何に「継続的に自考力のある現場へ育てていけるか?」
ビジネスヒントを自分が立会い、お手伝いすることにより「気付き」を沢山戴けました。

こんな事から「自分がワークアシストの経営者として出来ること」

具体的に開始します。








スポンサーサイト
会社を設立し6年目を迎えた今年、今までとは全く違った事があります。
それは仕事していて「モノ」「事」を動かす、始める、そして変化させるというお問合せや対応依頼、そしてご相談が多いという現状に現在なっていると言う事です。

どちらかと言うと年度始めの四半期は動きが鈍く、お盆前当たり、具体的言えば海の日あたりから加速化する場合が多かったのですが今年は、「動かす」「変化させる」為のお仕事の対応を多く頂き、とても嬉しく嬉しく思っています。
お陰様で「対応出来る範囲」も拡大したこともありますが、何より「引合い件数」は例年の比ではないのです。
何より「マーケットが動いている」「日本回帰」が大きな要因だと思います。
でも、この世界、何時までもこれが続くことは絶対にありません。
ひとりひとつの対応を丁寧にスピードを持ち、クオリティーを上げて、何より「結果を出す事」。
それには今までにも増して「背伸びをして仕事に対応すること」
その為、もっともっと色々な人をコンタクトを取り、実際に色々なモノを体験し、そして自分の目で見て判断、体験する機会をもっと増やす事。

これが「来る冬の時代」には必要だと思います。
イソップ童話の「蟻とキリギリス」の蟻を目指して、来る冬にも対応出来る体質にしたいと思います。






昨日、三条鍛冶道場と、燕の青空市だけ見て感じたこと、そして工場見学出来る会社さまのリストを見て、感じた私感です。
確かにこのエリアの特徴のある先様ですし、象徴をされている業種の方だと思います。
でも、一番疑問に感じたこと、「それは誰に見てもらいのか?」明確でないような気がしました。
今、話題の「工場萌え」も一つでしょうし、そんな狙いもあるのかもしれません。

でも、もう一つの「燕・三条の顔」。これを見せるのも「違ったメイージの創造」には必ず必要な事だと思います。
裏を返せば、見せられない。という事もありますが、一歩先を見ると「見せるべき」だと思います。
私が、いつもお世話様になっているのはこの「もうひとつの顔」の方です。


賛否両論あると思いますが、「あーっそういえば、こんな事を、あそこでやっていたのであの人に教えてあげよう」を引き出せること。

これも燕・三条のポテンシャルを上げるには絶対必要なことだと私は思います。

昨日ある御取引先へ行った時の話です。

会社の創立記念の節目の年に当たって、若いメンバーが率先して「仕事に対する新しいチャレンジをさせて欲しい」と社長へ直談判をしたそうです。

創立記念と言うと「記念品」や「旅行」等の自分の実入りになるものを要求する場合が多いように思われますが、中にはこういった社員を持つ会社も、にいがたのモノ作り企業にはあるのです。
守秘義務があるので、具体的には、ここに書けませんがこういったパンションを持つことは素晴らしいことだと思います。

一派一絡げに「若い物」をくくるのではなく、こういった人が一人でもいると「朱に交われば紅くなる」ではないですが、一人が二人、二人が三人と増えてくることも充分、期待出来ると思います。

「素晴らしき、にいがたのモノ作り」

こんな人が一人でも増えていくような事に微力ではありますが、携わりたい。と思わせて頂いた熱い思いの一日でした。
昨日、お取引先さまの新潟市内の板金屋さんの一角をお借りし、昨日の引き上げさせて頂いた台車6台分の解体作業を午前の一時間をかけてやりました。

比較的簡易的な作りのモノであったため、ハンマーで叩く事により、骨組みと間仕切りの網が簡単にバラバラになり思ったより早く終わる事が出来ました。

単純作業の繰り返しで壊すといった作業のため、そして天気も良く大変良いストレス発散を仕事を兼ねてする事が出来ました。
お陰さまでこの日のこれ以降は、頭を使う書類作成と、込み入った折衝事もストレス発散のお陰で上手く行く事が出来ました。

「作り上げるには、時には破壊からスタートする」
ふとこんな思いした日になりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。