越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
110327燕カトラリー展入口
110327燕カトラリー展カトラリーの意味ポスタ

3/27(日)の午後から燕市にある産業資料館で行っているカトラリー展を見に行って来ました。
今年は、金属洋食器製造100周年と言う事で燕市は各種イベントに力を入れています。
カトラリーとはナイフ・フォーク・スプーンの事を言うらしく、展示場には様々な歴史を感じる展示がありました。

110327燕カトラリー展素材の加工看板
110327燕カトラリー展B29の逸話

この2枚の写真は、戦後の混乱期に設備や素材を調達するのに当時の燕の人はどうしたか。という逸話のようです。
豪快というか、手段を選ばないというか、燕が不死鳥といわれる由縁だと思います。

110327燕カトラリー展磨き屋の仕事場
110327燕カトラリー展番頭さん看板

これはカトラリー製造には欠かす事の出来ない「研磨屋さんの仕事場」を再現したコーナーです。
燕は仕事を依頼した人が、加工完了品を取りに行き、その中で情報交換をして、また仕事を拡張させる。
こんな文化が根付いています。
私も早く「番頭さん」と言われるぐらいの仕事量を燕にもって行きたいと思いました。

110327燕カトラリー展バレル材

上の写真は、研磨屋さんが良く使うバレル研磨の研磨材です。
研磨の用途や、研磨品に応じて使い分ける材料です。

110327燕カトラリー展ノーベル賞製品大入り
110327燕カトラリー展ノーベル賞製品20本入り

そして最後の写真がノーベル賞の受賞者へ渡される記念品です。
ガラスケース越しの写真ですが、素晴らしい光沢でした。

いつも仕事で大変お世話になっているお取引先がある燕市を少しでもより深く理解し、そこの方々のルーツや加工技術を少しでも勉強し、この技術がこれからの「つながろう日本」へ少しでも役立てば良いと思います。



スポンサーサイト
1/25(水)にワークアシストの仕事で燕のプレス屋さんと打ち合わせがあり燕市へ行って来ました。
この地域は、仕事の打合せでは多いときは週三回位行く第二の故郷(笑い)みたいな所です。

110126燕弥彦角田

移動の最中、あまりにも雪と弥彦、角田山のコントラストと天気が良かったので、車の中から撮影をした写真です。
お邪魔したプレス屋さんの会長に聞いた話ですが、今の季節でも弥彦山を登山する方は大変多く、挨拶するのが大変なぐらいすれ違うそうです。
私も季節をみて、是非初心者の方のコースの弥彦神社の入口からパワースポットの登山をしてみたいと思います。

折角、燕へ来たのでお昼休みを利用し見学したいところがあったので見てきたのが下の写真です。
110126燕鉄工所展看板

燕の歴史を少しでも勉強し、この地域のルーツを少しでも知りたくて「燕の鉄工所展」を見学しました。

110126燕産業機械の始まり看板
110126燕鉄工所の系譜

もとは隣の長岡の油田開発の設備の流れを汲み、そこの方がプレス機を作り始めたところから始まっているそうです。

そしてそこからのれんわけのように独立し、育っていった方々の系譜図が下の写真です。
やはり、その当時からこの燕には事業欲の旺盛な方々が多くいたことが分かりました。
是非、この時代でもそんなDNAを発揮して欲しいと心から願いました。

110126燕プレス機の作り方
110126燕プレス機の木型
110126燕プレス機の木型.看板
110126燕プレス機木型を組上げたもの

当時のプレス機を作り方と、当時実際に使用したと思われる木型と、それを組上げたモノです。
今でも量産の機械はこういった方法をとるものもありますし、また専用機になれば当然木型を作らずに作るものもあります。

110126燕現在稼働中のプレス機

そんなルーツが生かされて現在でも稼働しているプレス機の写真が上の写真です。

110126燕航空機工業写真

この中で気になったものがあっので載せておきます。
やはり、戦時中も燕は軍事産業に転換した時期もあり、航空機の部品を作っていた「燕航空工業」という会社の方々の写真も展示してありました。

色々な時代を経て、その時代の変化に対応し、生命力の強い企業が燕には沢山あります。
「またまだ行けるし、行く」

もっともっと、この地域の方と仕事を通じて沢山の出会いを貰い、知り合いたい。と思わされた一日でした。


頑張ろう!! TSUBAMEのモノ作り

101226燕三条Wing看板
101226燕三条Wing入口
101226燕三条Wing流している画像
101226燕三条Wing店内

12/26(日)に燕市へ届け物の用があり、最近リューアルされたばかりの燕三条Wingを覗いて来ました。
以前のお店は行ったことがなかったので比較は出来ませんが、広々としたスペースの中でグットデザイン賞」を受賞した比較的価格の高い付加価値のある商品を限定して置いてあるスペースにリューアルされたとの事です。

金属=雑貨品というメイージを持つ人も多いと思いますが、そうではなく「磨き、切削、精度を酷使した商品」が多い。というイメージを持ってもらうには良い雰囲気だと思います。

一番下の店内の写真に色々な人物の写真が提げられていますが、それぞれ燕三条地域で「こだわりのモノ作り」を先頭を切ってやっている方々の写真です。

「生産者の顔の見える商品」
これも食品の産直品売り場では当たり前の事ですが、こういった金属製品にもこれから大切な事だと思いました。
今後、燕三条のアンテナショップとして位置づけられるような進化を強く期待した日でした。

頑張ろう!! 燕三条のモノ作り
あるお客様の金属加工依頼図面でのお話です。

ある程度の数量(30万個/年)の為、1円違っても¥300,000違う訳です。
その為、2つの方法を検討しました。
①板モノで抜く
②丸モノで削る

上の方法から、今回は板モノで金型を作成し抜く方法を提案する事にしました。

丸モノの場合には、丁度の企画サイズがない為、沢山削る必要があり、材料自体に「板モノから加工したコスト」が含まれていて単価がかなり違う事が今回の依頼では明確になりました。

潜在観念にこだわらず、「餅は餅屋」の意見を聞き、そして具体的な加工方法を選ぶ。
現在、投機筋の影響で非鉄金属の価格は大変高騰しています。
使う側の人達にとっては全く迷惑な話です。

でもこういった工夫をする事により、コストを下げ「仕事を新潟へ呼び込む」事は出来るはずです。
今回、色々とお知恵を頂いたのは燕市のモノ作り企業の皆様でした。
心より感謝致します。

頑張ろう!! TSUBAMEのモノ作り
昨日も仕事の打合せで半日燕市にいて、3社のモノ作りの社長とお話と相談をさせて頂きました。
みんな得意素材も違うし、得意な技術も違いますが、共通するところは「明確な目標を持っていて、それに向って突き進む熱意」があるというところです。
そういう会社には「新たなビジネスの種」や「新規での協力先」の話は、色々な人達が持って来てくれます。
さらには、「自社ではない設備であれば治具等や代替案で可能か」さらには「出来るところはあるはず」という肯定的な発想からモノ事を判断してくれる共通点を強く感じた半日でした。

Aの技術とBの技術を組みあせて、Cの製品を作り上げる。当然そこには使って頂けるユーザーの顔は見えていての話です。

それがコストパフォーマンスに優れ、時代のニーズにマッチしたものであればマーケットは受け入れてくれます。
そんな熱い男達に元気を貰い、さらにはヒントを頂けた日でした。

がんばれ!! TSUBAMEのモノ作り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。