FC2ブログ

越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
ビジネスやプライベートのシーンでも「誰々の紹介」が大切なファクターになる場合を多く見かけます。
そのモノやサービスが何かも大切ですが、「誰が言ったか?や誰が使っているか?」の方が重要な場合が多いのです。
その際、紹介者は見返りを要求しない場合もありますが、あえて事前に見返りを提示する事も重要です。
それは
①紹介者の介入を、より深くしてもらう。
②紹介者に責務を感じてもらう。
③紹介者の介入によりプロセスが短縮され、成果の確率が上がる。

これが重要なウェートを占めます。
スポンサーサイト