越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月は今日で最後。
またまた色々と教えてもらう事がありました。

ある事で色々と人と相談をしていてわかった事です。

自分ひとりで色々な案を練っていると、どうしても固執した考えになりがちな傾向が私にはあります。
その時、「あえてゼロクリアしてから人と話してみる」事を実践してみました。

すると課題の本質が見え、やるべき優先順位が見え、それに対しての具体的なイメージが沸いて来ました。

時には「あえて周到な用意をせず。ディスカッションを繰り返してから本題に入る」
すると凝り固まった自分の考えがどこかに消え、物事の本質が見えてくる。
こんな事に気付かせて貰った一日でした。



スポンサーサイト
一年の中で2ケ月が終了しました。
今月の頭に書いた「種蒔きの時期をシュミレーションする月にする」に関しては、実際のアクション~検証までの達成率としては20%の進捗でした。

それは、「種の持つポテンシャルをどう高めるかにより、種蒔の時期を早められるか」
こちらが欠けていたような気がします。

色々な「気付き」を与えてくれた月でした。
3月は、その気付きを現場で実証し、種の持つポテンシャルを高める月にするつもりです。
私の癒される人は、「元気で前向きな人」「仕事を遊び感覚で楽しむ人」
こんな方に癒してもらう事が多いです。

加茂市のある会社の社長も、こんな方の1人です。
その方の考え方は、
仕事は「お客様があっての仕事」そしてその中でも「楽しく仕事が出来る仲間作り」に重きを置いた考えの方です。

その結果、必ず対価が廻ってくる。
そんな事が、普通に肩肘張らずやれるところに魅力を感じます。

加茂と言う地域のコミュティーを大切にして、その中から加茂に来た時に寄って貰う場所を増やしていく。
結局は、それが活性化につながり人が人を呼ぶ。
こんな当たり前の事を「楽しくやれる仲間を募ってやる」
今の時代非常にヒントとなる話を聞けた日でした。
090223グッデザイン 千秋通り看板
2009.1.31~3.8(土)まで長岡市のシネマする街千秋通り 2F特設ギャラリーでやっているイベントです。

090223グッデザイン IQ看板
090223グッデザイントヨタIQ
これは2008年グットデザイン大賞のトヨタのIQです。
非常にコンパクトですが車幅は広く、とても外寸のわりには車内は広く確保されていました。

090223グッデザイン ロングライフデザインコンフォート
090223グッデザインロングライフデザインコンフォート
こちらはタクシー車輌の定番トヨタクラウンのコンフォートです。
200年度のロングライフデザイン賞を受賞したそうです。
ドアの開閉や、距離を走る事を考慮され、新潟県でも良く使われています。
平気で40~50万キロを走る車輌です。
090223グッデザイン 県内企業
新潟県内での気になった受賞企業を紹介します。
090223グッデザイン スノーピークテーブル
090223グッデザイン スノーピークテブル説明
三条市のスノーピークのワンアクションちゃぶ台です。
折りたたみが出来、さらには足はRが付き、底を傷つけない。さらにはテントの中で座れるといった正にアウトドアのちゃぶ台です。

2万円以上お買い上げで、プレゼント付! スノーピーク ワンアクションちゃぶ台 竹 M【防災・...

090223グッデザインスーピークギガパワー
090223グッデザインスノーピークギガパワー看板
これもスノーピークのキャンプ用ストーブ ギカパワーです。
。剛性のある3本ゴトクは低重心でコンパクトに折りたためる構造になっており、ジェネレーターを装備し安定した燃焼を約束します。

2万円以上お買い上げで、プレゼント付!  スノーピークギガパワー デルタポッドCB【防災・地...


090223グッデザインティキャディー
090223グッデザイン小林工業ティキャディー看板
こちらは燕市の小林工業のティーキャディーです。
茶筒に見えないステンレスのおしゃれなデザインです。

小林工業 ラッキーウッド ティーキャディー スプーン付

どちらも新潟県の三条・燕のメーカーです。
デザイン力やコンセプトも普段使えるものをより楽しく、快適に、こんな使い方の出来る道具が沢山、燕・三条には存在します。






0902212PRODUCE 002
0902212PRODUCE 001
今朝の新潟日報朝刊の記事です。

昨日見附、長岡事業所の200名に対して解雇通告がされたとの記事です。
譲渡先で再雇用して頂けるのは100名だそうです。

予測ではありますが、現場の若手や設計技術者を中心に再雇用がされる事と想像されます。

確かにこの経済状況下で、再就職は厳しいとは思いますが、逆の発想をすればチャンスがある人たちもいるはずです。

それは
1.この状況下で積極的に人材を確保したい企業。
2.自分を冷静に自己分析し、再スタートを切りたい人。
3.来る「春の時代」に向け、創業したい人。

こんな人たちには、チャンスといえるはずです。

最近の長岡は、色々な企業の工場閉鎖による暗いニュースばかりですが、中には元気な企業も事実あるのです。

自然淘汰された後に来る「春の時代にそなえ、継続する事」それがキーワードです。
さらに企業の方々も、是非「人の潜在的な可能性を見る力」を強化し、お互いが幸せになれることを願っています。

頑張れ!! 新潟県のモノ作り
090215花絵プロジェクト 001
090215花絵プロジェクト 002

にいがた花絵プロジェクトはご存知ですか?
毎年4/29のみどりの日に行われているイベントです。
県の花、新潟市の花チューリップは球根育成の為、花は捨てられているそうです。
その花を利用して花の壁画を作るイベントです。

花絵を作ることにより①地域コミュティーの復活②街緑化の啓発③県花・市花のPRとチューリップ球根生産者へのエール④観光事業への貢献を目指しているそうです。

私の知人に実行委員がいて、この経済状況で募金の集まりが悪いと言う事で、主旨に賛同し募金をして来ました。
このイベントは企業や個人の募金で成り立っているらしく、実行委員の方々は殆どでボランティアで運用をしているそうです。

もし主旨に参道して募金協力したい方がいたらにいがた花絵プロジェクトをクリックして見て下さい。

私も今年はなんらかの格好で参加してみるつもりです。

下越様あんどんブログ掲載用
新発田市にある下越タクシーのあんどんです。

タクシー会社のあんどんは、その会社の顔であり、看板として認識されています。
最近、この会社のあんどんは、他社と比較しても非常に明るいものへ変更されました。

その理由として

1)利用者への認知度を上げたい。
2)交通安全の為、他交通車両から確認されやすいようにする。

さらに

この時代状況を少しでも明るくする為、新発田を明るく照らしたい。
こんな願いが込められています。
夜の闇の中で、確認できる灯りは、ほんとうにホッとするものです。
さらには、お客様が乗車して移動していただいている少しの時間だけでも、明るい気持ちになって欲しいと言う願いも重ねて込められています。

こんなホッとするタクシー会社も新潟県内にはあるのです。
商売繁盛の神社 高龍神社のある長岡市の蓬平温泉地区へ行ってきました。
090211高龍神社正面
090211高龍神社鳥居
090211高龍神社参拝殿
この石段118段を上って写真下の参拝殿で、商売繁盛を願って来ました。この時代に負けない知恵を授けていただけるようにお祈りをして来ました。
090211高龍神社白蛇
そしてここの神社の守り神である白蛇の置物を買って来ました。
明日から、毎日お祈りです。
090211えびすや天ざる
そして遅めの昼食で食べたのが、この神社の下の売店えびすやの天ざるです。
こしのある固めのそばで、天ぷらもサクサクで大変美味しかったです。

090211不動社正面
090211不動社看板
090211不動社巨木一本杉
次に見たのが不動社という神社です。眼力のある像と言う事で、「目に効く神社」といういわれもあり、
目をお水で清めて来ました。
是非、真実の見える目にという事で、こちらは願掛けをさせてもらいました。
下の写真は大きな一本杉です。
新潟県でも「男と杉もりっぱに育つ」事を証明しています。
090211不動岩
こちらは旧社殿境内の下から出てきた岩です。こちらにも「初心、岩をも通す」の力を頂けるように願掛けをして来ました。
090211不動滝
こちらは、この神社のとなりにある不動滝です。
三段に落ち込んで行くスルドイ滝という印象を受けました。
090211蓬平 雪布和紙工房概観
090211蓬平雪布和紙看板
最後に見たのが「雪布和紙工房」という和紙を手作りしている工房です。
090211蓬平雪布和紙工房内
090211蓬平雪布和紙アイテム
和紙を作る工程のなかに地場でとれる野草やさくら、アスパラなどを混ぜて作った和紙のアイテムの一部です。
090211蓬平和紙に描かれた朱鷺
和紙に書かれた朱鷺の絵です。(越佐の佐にはここでも、こだわります)
090211蓬平和紙の原料こうぞ
これが自分達で育てる、こうぞという和紙の原料になる木の皮だそうです。
剥くのにも大変手間をかけ、剥くそうです。
090211蓬平和紙を透く場所
090211蓬平和紙の繊維を精製する場所
上の写真は、和紙製造の中の一部分の工程の設備です。
殆どが特注の為、コストはかなりかかるとの事です。
090211蓬平の棚田
これもこの地区の名物の一つの棚田です。雪に包まれた棚田も違った風情があり、いい感じでした。

半日だけの探索でしたが、大変心落ち着く場所であり、心を和ませてもらいました。
今度は春に温泉と、山菜の散策と高龍神社の守り神を見忘れたので来たいと思います。
最近の中では、大変お気に入りのリピータになりたい場所となりました。









最近の企業の傾向として、大きく分けると2つのパターンに分けられるようなイメージがあります。
一つは
1.この時代だからじっとしている。
もうひとつは
2.色々と自分達の出来る範囲でモガイてみる。

こんなパターンに大別できるような感じです。
1.の考えもあり。
でも多くの地方の中小企業は、1.のパターンをしていては、いずれは市場からの退場が余儀なくされます。

モガクという意味は、手や足を色々動かしてみて、そこに当たったものが「冷たい。温かい。柔らかい。硬い。痛い。気持ちよい。チクチクする。ふわふわする等」
色々な五感が働きます。
その中で取捨選択をして「自分達が今出来る事」を捜し続ける事が大切だと考えます。

そうする事により、モガイているもの同士で手や足がぶつかり、「祖で振り合うも多少の縁」ではないですが、他社と知り合うチャンスも増えるはずです。

こんな「平泳ぎ」(モガキのイメージ)をする企業が増えれば、この時代を乗り切るチャンスはつかめるはずです。

燕市にある株式会社イケダのエコクリーンという製品をご存知ですか。
この製品群は、ゼロクリア加工という無機系塗料焼付塗装という技術を使い、親水性を持ち、水だけで頑固な汚れが剥離し、光触媒のコーティングにより防汚作用に優れた商品です。

洗剤使用量とすすぎに使う水を極端へ減らし、台所からの排水を削減、さらには食中毒の原因である
バイ菌をシャットアウトし、健康にも優しいというコンセプトです。
ちなみに、陶器へも活用されています。

新潟県にはこんな、環境問題に真剣に取り組んでいる企業も多いのです。



水だけで油汚れが落ちる!!IKDエコクリーンミキシングボール 24cm      ☆


 エコクリーン IKD18-8小判皿 12インチ


 エコクリーン IKD18-8ステンレス製 角バット 6枚取







09020コデラカプロン日報記事
今朝の新潟日報の朝刊の記事です。
三条市のコデラカプロンの製造した抗菌フィルター付きのマスクセットです。

このブログて゜も何度か紹介をしいるメーカーです。
銅の持つ抗菌効果で鳥インフルエンザを阻止出来る商品です。
ここのメーカーは銅繊維に徹底的にこだわり、素材の持つ特性を利用して色々な商品を開発している
会社です。




燕市にある山崎金属工業は、あのノーベル賞受賞の晩餐会のカトラリーを収めている会社です。
燕のハウスウェア製造のノウハウを生かし、並みいるヨーロッパのメーカーを差し置いてのサプライヤーです。
こんな世界に通用するメーカーが燕には、またまだあります。
製品製造のクオリティーが高いメーカーや加工屋さんはまだまだ沢山あります。
こんなメーカーが新潟県にはある。
新潟県人である事に誇りを持ち、自慢していきたいものです。




ノーベル賞創設90周年オリジナルカトラリー10PCS ティーケーキセット ゴールド

良くお役人が「経営努力が足りない」という話をタクシー会社にしいる記事を見たり聞いたりしますが
果たして「経営努力」とは具体的になんでしょうか?
経費を減らす事ですか?

それは違うはずです。
許認可商売の為、運賃には必ず申請が必要で、その後しばらく経ってから認可されるといった仕組みになっています。

先ずは「メーターを倒さず、走る各社独自のサービス料金を認可する」
これはお国の仕事です。

ではタクシー各タクシー会社は、「自分の営業エリアの中でどんな消費者が居住していて、生活パターンからすると、どんな活用が想定されるか?」
その中で自分達は、「どんな層のお客様をターゲットにするのか?」
その為には、どんなプロモーションをかけたら良いのか?
こんな事を考えて申請に踏み切る。
こんな事が大切ではないでしょうか?

安ければ乗る人もいます。安くなくても乗る人もいます。乗らなければいけない人もいます。
安くなくても乗る人や、乗らなければいけない人達はどんな人か。
こんな人達を喜ばす事が大切だと思います。
090201西本成寺の豆
昨年、本成寺で拾った豆の一部を返還に行ってきました。
本当は、明日の鬼踊りを見たかったのですが、平日である為、行けず、なんとなく本成寺へ行ってみたくなりました。
090201西本成寺黒門
090201西本成寺鬼踊り会場
昨年見た黒門より入ったところの境内です。
こちらの中で始めて見た鬼踊りは、大変記憶に残っています。

豆を返還してその帰りにとやま団子屋や寄りました。
090201とやま団子屋正面
090201とやま団子屋店内
090201とやま団子屋店内写真
ここのお店も俳優の高橋勝成さんが三条市の出身であり、ここの醤油おこあの話で有名になったお店です。
これは、その時の写真だそうです。
090202とやま大福
090202とやま所在地
私の買った大福餅みたいな大変美味しい御餅です。
御餅の皮より、甘くない餡子の方が量の多い御餅です。

090201メータ99999
この帰りに、マイカーが99,999kmをさしました。
三条の帰りに記念すべき距離数を指すのは、やはり縁だと思います。
大好きな三条の帰りに記念すべき日を迎えたことに大変喜びを感じました。








1月が終わり、今日から2月。
元旦に考えた今年の目標に対しての到達率を自分なりに考えて見ました。

約10%の達成だと評価しています。(当然100%が満点です)
この時期に考えていた仕込み作業については、100%ですが、その仕込みを「この時点で出来る事を検証する」が80%ぐらいの達成率でした。

ただ、1月の実感としては「流された」というイメージはなく、「自分のイメージ通りに道を歩けた」という実感がありました。

今月は、「検証の時間」に時間を充て、仕込みの種の持つポテンシャルをイメージして、必要に応じて品種の改良をするようなイメージを持ち、種蒔の時期をシュミレーションする事に力を入れる月にする予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。