FC2ブログ

越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
アドバイスや助言は「聞く側が受け入れ易いタイミングで発信する」事がポイントだと思います。

殆どが話す側の都合で発信される場合が多いですが、話をしても聞く側の受入体制が整っていなければ吸収されません。

吸収されなければ、お互いにチャンスを逃してしまいがちになります。
こんな1つ1つの積み重ねが人作りに繋がって行きます。

スポンサーサイト



091216タクシー仕切り版

今日の新潟日報の夕刊の記事です。

タクシーの室内にドライバーさん保護の為設置されている仕切り版の記事です。
クレームを付けるお客様は殆どいないが、ドライバーさん側で「お客様との心の仕切りが出来るようで」との考えがある事が記事に書いてありました。

でもクレームを付けないと言う事は、設置している側が思うほど障害にはなっていないはずです。
であれば、規制等のしばりがないのであれば「この仕切り版はお客様との距離を置く為ものではありません」
と言うようなメッセージを張っておくのも1つかもしれません。

設置する側と受取る側の違い。
これを設置する側が理解すると「次の顧客のニーズ」が見えてくるヒントになるはずです。

いいと思って提供している事が受け入れられなかったり、その逆でこんな事って大したことがないと思っている事が利用する側にとって大変重宝される事は必ずあるはずです。

がんばれ!! にいがたのタクシー