越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100429日報朝刊
今日の新潟日報朝刊の経済面の記事です。

電機・電子部品メーカー向けの新潟地元資材メーカーでは、このゴールデンウィーク中も製造ラインを稼動させる動きがあるそうです。
製造業は、波及効果の大きい業種であり、全ての仕事を1社完結が出来ない為、必ず色々なサプイヤーが必要になってきます。

1部で動きがあり、それが新潟まで着始めた事は、どんな理由があるにせよ大変喜ばしい事です。
1部での動きがだんだんと雪だるま式に波及していく事を望み、その仕事を待てる準備をする事。
今の時期、大切なポイントだと思います。

がんばれ!! にいがたのモノ作り
スポンサーサイト
花いちイメージ
このブログのコンセプトの1つである「地産地消」にこだわったお店です。

イオン新潟南SCのあじさい小路にある話題の、安心・安全・美味しいお惣菜をリーズナブルに楽しめるお惣菜屋さんです!
ここのメニューでは個人的に、とんとんロールと数量限定のだし巻き玉子のファンです。
お店の特長としては、朝採り新鮮野菜をはじめ、新潟県産食材を使用したお惣菜、漬け物からおかずまで手作りのお弁当を採れたて作りたてで提供をしています。

花いちスタッフのブログ
昨日も仕事の打合せで半日燕市にいて、3社のモノ作りの社長とお話と相談をさせて頂きました。
みんな得意素材も違うし、得意な技術も違いますが、共通するところは「明確な目標を持っていて、それに向って突き進む熱意」があるというところです。
そういう会社には「新たなビジネスの種」や「新規での協力先」の話は、色々な人達が持って来てくれます。
さらには、「自社ではない設備であれば治具等や代替案で可能か」さらには「出来るところはあるはず」という肯定的な発想からモノ事を判断してくれる共通点を強く感じた半日でした。

Aの技術とBの技術を組みあせて、Cの製品を作り上げる。当然そこには使って頂けるユーザーの顔は見えていての話です。

それがコストパフォーマンスに優れ、時代のニーズにマッチしたものであればマーケットは受け入れてくれます。
そんな熱い男達に元気を貰い、さらにはヒントを頂けた日でした。

がんばれ!! TSUBAMEのモノ作り
100425弥彦の桜全体
100425弥彦の桜全体をひいた物
100425弥彦の桜アップ
4/25(日)弥彦競輪場の駐車場の近くの桜の様子です。
正に満開、ここ3年必ずこの場所へ来ています。
久ひざの晴天の日曜日でもあり、桜も満開とあって大変な賑わいでした。

100425弥彦神社拝殿前
100425弥彦神社拝殿

弥彦へ来た事もあり、早速神様への今後のお願いと近況報告とお礼を華ね参拝をして来ました。

100425弥彦神社御神木
100425弥彦神社御神木説明看板

これは境内の中にある椎のご神木です。
大変な生命力のある木らしく、是非あやかりたい巨木でした。

100425弥彦神社宝物殿の上杉輝虎祈願文
100425弥彦神社宝物殿の上杉輝虎花印

これは上杉謙信がまだ輝虎という名前の時に弥彦神社へ奉納した祈願文と花印です。
出兵の大義名分をきちんと残し、「義」の為の出兵である事を神様へ報告、祈願したものと伝えられているそうです。

100425西生寺近くの大展望の場所の石碑

神社の直ぐ近くに西生寺というお寺があり、その近くに大展望という場所がありました。

100425西生寺近くの大展望の場所
100425西生寺近くの大展望の場所西の方角
100425西生寺近くの大展望の場所北西の方角
100425西生寺近くの大展望の場所北の方角
この場所から時計回りに見えた展望です。

上越方面の山々~佐渡まで見渡せる良いスポットでした。
日本海の夕日を見るのも大変いい場所だと思います。

天気に恵まれ、私の大好きな西蒲区近郊を探索し、また来週からの仕事への活力と出来た1日でした。
今後は、探索カテゴリの中に弥彦神社の摂社めぐりも追加してみる予定です。



最近、仕事の打ち合わせで燕市に行く機会が増えたのですが、そこで改めて驚かされたのは、金属加工~アッセンブル~出荷までの範囲を全て燕市の企業で出来るという懐の深さには大変驚かされました。

ある製品の試作や、厳しい加工コスト及び納期要求等これらに対して長年もまれて来たノウハウは持っています。
皆、「自社の強みや特性」を理解してネットークを作り、モノ作りに対応しています。

この時代、モノを移動させるコストや打ち合わせのため交通費等のコストは極力抑え「1点完結」させるのも1つの方法と思われます。
こんな集積地を持つ新潟県を誇りに思い、燕応援団として頑張ります。

がんばれ!! TSUBAMEのモノ作り


今日仕事で打合せをしたある会社の社長さんは、自社の出来る範囲で色々な試作を作り続けていました。
社長自ら考案して社員に作らせてはいますが、はやり「使う側」の身になって製品を作っています。

守秘義務の為、この場では述べられませんが「安全と環境」と言うキーワードでの製品開発です。
トライし続けて、創意を発進し続ける事の大切さを教わった1日です。

皆様の知らない「元気の出るにいがたのモノ作り」は沢山あるし、まだまだ私の知らない元気印も多いはずです。
そんな方々との出会いを求め、来週から探索をし続けるつもりです。


がんばれ!! にいがたのモノ作り
約8カ月で10,000アクセスを頂きました。
この場を借りてお礼を申し上げます。
大変、ありがとうござました。

振り返れば、大変劇的に環境の変わった8カ月でした。
人生の中で一番、大きく変わった月日になりました。

今後、もっともっと「人との繋がり」や「教えて頂く事のありがたさ」を勉強して、もっともっと「にいがたを元気にする」ライフワークに関わって行きたいと思います。

いつかこのブログへ遊びに来ている方々と実際にお会いできる日を楽しみにしたいと思います。
これからも、このブログを可愛がって下さい。
100413 NICOセミナーチラシ

今日受講したセミナーのチラシです。

良く聞く言葉ですが「経営革新」とは広義過ぎて具体的な目的が見えませんでした。
この先生の言葉で心に残ったのは

経営革新とは顧客満足度を追求し続ける事

その為には、最終ユーザーを意識する事

この言葉が大変印象的でした。

製造業などは特にそうですが「発注者は中間点」に過ぎないかもしれません。
その先には必ず最終ユーザーというものが存在するはずです。

そうすれば「自分自身が消費者やユーザー目線でモノ事の判断が出来る」

当たり前の事ですが、日頃忘れがちな事を気付かせてくれた半日でした。

がんばれ!! にいがたのモノ作り
北国街道マップ

私の好きなパワースポットの西蒲原区に以前から気になっていた北国街道というものがあり、松野尾~福井までの旧街道に史跡を見てみたくなり、新たな探索を始めました。

100410北国街道三根山藩説明看板
100410北国街道三根山藩石碑塔

上の写真3枚は峰岡周辺にある米百表の里、三根山藩跡です。
長岡藩から分家した牧野氏が、地元民と協力して開拓した土地であるそうです。
ここは、これからの桜見物の名所としても有名な場所です。

100410北国街道三根山藩入徳館の俵船
100410北国街道三根山藩入徳館のたぶの木

ここは入徳館という藩校のあった場所に建っているコミュニティセンターの玄関の様子です。
現在は宿泊も出来る施設として、お風呂工事も完了したという話でした。

100410北国街道景清寺

入徳館から車で北の方角へ5分ぐらい走ると、景清寺というお寺があります。
ここは越後三十三観音札所の第二十四番札所になります。
ここには平沢清水という名水もあるそうです。

100410北国街道弘法清水看板
100410北国街道弘法清水の水取り場所
100410北国街道弘法清水の水の沸き場所

景清寺からまた、北の方角へ来るまで5分位移動すると、弘法清水という名水があります。
これは弘法大師が旅の途中で、干ばつに苦しむ人達のために、しゃくじょうを建て水源を掘り当てた場所だと言われています。

また万病に効く霊水として信仰も厚く末期の水としても有名との事です。
但し、煮沸してから飲料水として使うようにと但し書きが書いてありました。

今後も私のパワースポットの探索として北国街道も追加して行く予定です。




色々な計画を練る時、紙上で色々なシュミレーションをしますが、その時に数字や仮説で結論を出す場合があります。
紙上ではあれば、「消しゴムで消すや、紙自体を捨てる、さらには、パソコンで入力したものを再入力し直す」などの対応が出来ます。

この時点でのやり直しは、無制限に出来る訳であり「このやり直しを苦にしない」事が大切だと思います。
紙上でのシュミレーションの体裁を整える為に妥協したり、「もういいや」と思ったら、「もういいや」の仮説でモノ事を進める事になります。
それでは「世間の荒波」には通用しないはずです。

自分自身が納得し、他人にも十分説明が出来、その上でスタートラインに立てるシュミーションをする事。

またまた最近、気付かされたファクターです。
100407へんじんもっこカレンダー

私の部屋にあるへんじんもっこカレンダーの4月分の目標です。
助力を惜しまずに関わりのある方々の少しでもお役に立つ事を心がけ、4月を過ごしたいと思います。

それがゆくゆくは自分の存在感につながる事を信じて。
六四篭パンフレット
100404栃尾六四篭外観
100404栃尾六四篭お店の中
100404栃尾六四篭店主こだわりの看板

こちらは旧栃尾市のお奨めの蕎麦や六四篭です。
場所は栃尾の道の駅の近くにあります。

北海道のそば粉にこだわりそして、栃尾の名水杜久の森の水にこだわった二八蕎麦です。

100404栃尾六四篭そば
100404栃尾六四篭かわりそば

蕎麦も大変美味しいですが、そばつゆも鰹節を自前で削った仕込んだ自慢のつゆで大変美味しいつゆでした。
また、かわり蕎麦といって蕎麦の中に色々なものを入れて毎月嗜好をかえるメニューも用意されています。
開店は2年前に自宅を改装して始めたとのことです。

偶然、ここのお店の奥様が旧知の方であり、人とのつながりの不思議さを教えられた日でした。
ここもお奨め。
是非、近くに行ったら寄って見て下さい。

100404栃尾瑞麟寺跡石碑所在地周辺
100404栃尾瑞麟寺跡石碑

4/4(日)にふきのとう取りに行き、足を延ばして行って来た上杉家ゆかりの地です。
旧栃尾市の道の駅近くにある石碑です。

上杉謙信が青年時代に「義の心」を学んだ禅宗のお寺があったそうです。
その後、脈々と引き継がれる上杉家の「義」のルーツがここにあるそうです。
100403西蒲区青龍寺正面
100403西蒲区青龍寺説明看板
100403西蒲区青龍寺山号看板

いわむろやの近くにある日蓮宗のお寺、青龍寺です。
岩室地区で最古のお寺であり、上杉景勝と大国実頼からの寺領を定めた書状が2通、花印が押され保存されているそうです。

100403西蒲区青龍寺手植えの梅

これは境内にある三条の本成寺の開祖である日印上人の手植えの梅の木だそうです。
西蒲区は上杉家ゆかりの地は多く、今後も色々と探索を続ける予定です。
100403いわむろやオープニングの玄関
100403いわむろやオープニングイベント天地人ハッピ正面
100403いわむろやオープニングイベント天地人ハッピ
4/3(土)に行って来た新潟市西蒲区のいわむろやのオープニングイベントの様子です。
さすが天地人ゆかりの地、はっぴには「天地人」の文字が入っています。

100403いわむろや足湯看板
100403いわむろや足湯自分の足
100403いわむろや足湯から見た外

施設内に併設された足湯の様子です。
屋内に足湯があり、今の季節は大変暖かくありがたい環境でした。

100403いわむろや丸一の一夜干しかれい
100403いわむろや丸一の一夜干し幻魚

施設内の売店で購入できる間瀬の丸一旅館の一夜干しです。
上の白かれいを買ったのでお気に入りの日本酒と抱き合わせで食べてみるつもりです。

100403いわむろや越後もち豚肉まきおにぎり

後、実際に食べてみた「越後もち豚肉まきおにぎりも」大変美味しかったです。
但し、今後どこで出すかは未定との事でした。

私の大好きなパワースポットにまた気軽に行ける場所が出来ました。
お近くに行ったら是非、立ち寄って見て下さい。
お奨めですよ。
100401燕三条地場産センター改名看板
100401燕三条地場産センター改名レセプション看板
県央地場産センターから、「燕・三条地場産センター」へと本日名称変更をしたそうです。
この看板も金属加工の産地の集積地として素材や表面処理や文字の色だしにも加工技術が使われているそうです。

100401燕三条地場産センター序幕式観客
100401燕三条地場産センター序幕式
挨拶をしている三条市長の話だと「燕・三条」という地域の固有名詞は日本や世界に打って出る場合ではあれば絶対に必用な名称であることから今回の変更に繋がったそうです。
「県央」という考えは新潟県の中での話しであり、やはりそれは「井の中の蛙」になる可能性があります。
是非、この日を世界に打って出る「燕・三条」のスタート日として記憶したいと思います。

10401燕三条除幕式記念品

これが除幕式に列席した観客へ配られた記念品です。
大切に使いたいと思います。


がんばれ!! にいがたのモノ作り
100331佳肴あさひ山店の外見
100331佳肴あさひ山パンプ

人生の大きなターミニングポイントを迎えて以前から行って見たかったお店に行って来ました。
朝日山酒造のアンテナショップの佳肴あさひ山です。

100331佳肴あさひ山入口
10331佳肴あさひ山店の通路
けやき通り側のカウンターを除き、全室が個室といっているお店です。
木を基調とした通路を通って各客室へ入ります。
この壁がなんともノスタルジックであり「昭和のぬくもり」を感じさせてくれます。

100331佳肴あさひ山 部屋の様子
100331佳肴あさひ山部屋の天井
昨日は連れと2人でしたが、写真の部屋へ通され心地よい飲食が出来ました。

100331佳肴あさひ山 お薦めメニュー
100331佳肴あさひ山 オリジナル飲みくらべ
100331佳肴あさひ山いかの沖付け
100331佳肴あさひ山 竜田揚げ
おすすめのメニューを見ても分かるとおり、新潟県産の食材を使った和食を食べさせてくれるお店です。
私が頼んだものは、越乃鶴竜田揚げ、佐渡のいか沖漬け、越路おしんこの盛り合わせといった地物を頼みました。
後は、あさひ山の呑みくらべで、このお店でしか飲めない季節限定種を呑む事が出来ました。
ゆっくりとくつろいで地酒を地物の食材で堪能出来るお店として大変気に入りました。
大切な人や県外のお客様と使うには大変良いお店だと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。