越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100922上海 中国東方航空機の翼

先週の9/22~25日で、お取引先様の社内旅行に付いて生まれて初めて中国の上海近郊に行って来ました。これが新潟空港から発着している中国東方航空機の翼です。

100922上海リニヤモーターカー
100922上海リニアモーターカー時速表示

上海空港についてから目的地まで乗ったリニアモターカーです。写真はピンボケですが、360kmを指していました。現地ガイドの話では、最高で430Kmまで出るそうです。車両はドイツ製だそうです。

【滞在2日目の様子】

100922上海ホテルの部屋から見た上海

滞在したホテルから見た上海市街の様子です。
見渡す限り、このような高層ビル群が続いていて、「中国の持つパワー」を感じました。

100922上海万博の入口の様子

今回の大きな目的が上海万博の見学であり、20ヵ所以上ある入口の1つの様子です。
ここでも中国パワーを見せ付けられ、中国人の持つ①食欲②割り込み力③大きな声で話す力には圧倒されました。

10922上海万博日本館の入場待ちの様子

この写真は日本館の入場を待つお客様です。ツアーガイドの方の話だと3~4時間待ちだそうです。

100922上海万博韓国館

この写真は韓国館です。ツアーガイドの方の話だと2~3時間待ちだそうです。

100922上海万博北朝鮮館

これは北朝鮮館です。私たちが殆ど待ち時間なく入れたパピリオンです。
あまり見るものはありませんでした。

100922上海万博中国館
100922上海万博中国テーマ館

上の写真が中国館で、予約件をとるのに8時間待ちのバリビリオンです。
下写真が中国各地のテーマ館であり、こちらは40分ぐらいの行列の中で見る事が出来ました。

100922上海万博喫煙所

万博会場は禁煙であり、ライターの持ち込みが禁止されています。その中で喫煙所が幾つかあり、写真のようにライターは備え付けしてありますが、殆どが壊れていて、もらい火をして吸うという方が殆どです。
この日は、中国でも秋分節といって旧盆にあたるらしく三連休の初日であり63万人の入場者が在った日でした。
その為、半日で断念をし、上海市観光へ切り替えました。

100922上海2日目の昼食

2日目昼は、上海に24店舗を持っている飲茶のお店「BI FENG TANG」というお店で食事をしました。地元の人にも大人気のお店らしく、安くしかも美味しく、私は一番ここが今回の旅行ではお気に入りでした。

100922上海豫園商城の様子

市街地観光は上海豫園商城という「中国の浅草」といわれている商店街に行きました。

100922上海湖心亭のお茶
100922上海湖心亭から見た上海市街

上海で一番古い茶店「湖心亭」で効き茶をし、同行の方々はかなりここでお土産を買っていました。
元でも円でも買い物はOKです。
そして、そこから見るまた上海市街です。

100922上海東方明珠塔の下
100922上海東方明珠塔
100922上海東方明珠塔から見た夜景

夜はホテル近くより地下鉄に乗り、「上海東方明珠塔」というテレビ塔へ行って来ました。高さは433mあり、大変高い塔です。ここも約二時間近く待ちました。

ここで感じたのが中国人の割り込みの多さです。
まだ、マナーでは発展途上にある国であると実感しました。

また後編は蘇洲の旅でアップする予定です。




スポンサーサイト
100919豊栄わくわく広場月岡店全体イラスト

今年の7月末日にオープンしたばかりの地産地消の複合店舗豊栄わくわく広場月岡店へ行って来ました。

100919豊栄わくわく広場月岡店正面
100919豊栄わくわく広場ぶどう畑看板
100919豊栄わくわく広場ぶどう畑店全体
100919豊栄わくわく広場ハラクチェ看板
100919豊栄わくわく広場ハラクチェ店前面
100919豊栄わくわく広場月岡店月の丘暖簾

一番上の写真のイラスト看板でわかる様に、産直品販売のお店と地物野菜レストラン、ノラクチーナの姉妹店、さらに地元新発田近郊に本店をおく、結城堂、米希舎、菜菓亭が同一敷地内にある地産地消のテーマパークのようなお店です。

100919豊栄わくわく広場木のチップ

これはお店の前に敷き詰められた「木のチップ」です。
この上を歩くと柔らかく、ホッとした気持ちにさせられます。

100919豊栄わくわく広場店内の様子
100919豊栄わくわく広場月岡店森のぱん屋さん看板
100919豊栄わくわく広場月岡店森のぱん屋さんまんまパンチラシ
100919豊栄わくわく広場月岡店なかの牧場看板
100919豊栄わくわく広場月岡店なかの牧場ポップ
100919豊栄わくわく広場月岡店なかの牧場ジェラート

上の写真6枚は、わくわく広場月岡店のお店の中の様子です。
やはり新発田言えば「アスパラ」であり、下のジェラートは地物アスパラを使用した商品です。
ほのかなアスパラの青い香りが楽しめます。
後、関心を持ったのは「なかの牧場」であり、そこの様子は近々探索したいと思います。

100919豊栄わくわく広場月岡店月の丘店舗内
100919豊栄わくわく広場月岡店月の丘店ステックバーム

上の写真2枚は月の丘の店内の様子です。
こちらも古民家を再利用した温もりを感じる店内になっています。
その中で購入したのが、地元月岡饅頭と言えば結城堂の「新発田のアスパラ」を使用したバームステックです。

地物食材を利用して異なるお店が終結した複合店舗であり、今回閉まっていたり満席で食べれなかったぶどう畑と
ハラクッチェには後日行ってみるつもりです。

月岡温泉へいらした観光のお客様が、「新発田の食のファン」になり喜んで帰っていただき、またリピータとしてお客様を連れてきていただく。

こんな事の支援として、このお店が活躍してくれる事を望みます。




先日、内の家内がある方のお通夜に行って来て「喪主様が佐渡との関わりの深い方」であったと聞き、喪主の方のお名前に覚えがあったので、私の守護神のいる場所の方に聞いて見たら、やはりそちらと大変縁の深い方でした。
これは偶然、全く喪主の方の知らない親類同士が同じお通夜へ参列をしていたという奇遇を経験しました。

多分、これは私の守護神様が「そろそろ来いっちゃ」というお呼びなのかもしれません。
おおさど丸が修理完了したら近況報告へ行く事にします。

100915頚城酒造の淡冷酒ブログ掲載用

先日、新潟市の中央区のナジーラさんで買った頚城酒造の冷酒です。

蔵人栽培米を100%使った冷酒です。
飲んだ印象は本当にラベルどおりの淡麗で、大変飲みやすいお酒でした。

女性好みの冷酒だと思います。
「この猛暑の最中に、ビール後にククッと飲む」こんな飲み方も、このお酒の1つと思います。






10913むかしのくらし展チラシ

9/12(日)に新潟市中央区のみなとぴあで開催されている「むかしのくらし展」を見てきました。
米、醤油、お酒などの当時の「計り売り」の様子や、以前小学校の低学年時代によく行った「なんかや」さんの様子が再現されています。
私の校区には、現在の新潟市中央区の春日町に「物江さん」と言うなんか屋さんがあり、良く行った記憶が蘇りました。
また新潟市中央区の古町4番地あたりに「芳屋」というデパートが昭和初期にあったことを教えられました。
懐かしい「小林百貨店のチラシ」もあり、にいがたの小売店舗の歴史を見る事が出来ました。

100913湊神社神饌田看板
100913湊神社神饌田

そして以前の記事でも何回か紹介している、みなとぴあの近くにある湊稲荷神社へ立ち寄り、得意の「商売祈願」に行って来ました。

上の写真はそこに在った「神饌田」です。
この「しもまち神社めぐり」というモデル神社事業のイベントの一貫で、このお米から獲れた稲葉でしめ縄を作るそうです。
この事業も、また全く知らなかったのでこれから勉強をして行くつもりです。

100913ナジーラ店舗
100913かみふるシンボル
100913かみふるの様子

そしてさらに上の方へ行き,以前から行って見たかったかみふるのナジーラへ行って来ました。
新潟の地酒とお米を中心に販売しているアンテナショップです。

店員の方々も大変気さくであり、大変お気に入りのお店となりました。
ここで頚城酒造の冷酒を買ってみたので、飲んでみて記事にする予定です。

またこの隣の金巻屋というお菓子屋さんで「かみふるぽっぽ」というお菓子も買ってみたので後日記事にしてみます。

このかみふる近辺も色々な面白いお店があり、車で行くではなく自転車で探索してみたいスポットの1つです。
今後、こちらも記事にして行くつもりです。



100911事務用品

ここ2~3日の間、会社の納品書に受領欄を手書き出来る丸いものを探していました。
以前から、100均シヨップやホームセンターの資材売り場を見るのが好きで、全く事務用品のカテゴリには拘らず、使用目的で活用出来る「お値打ち品」を探します。

この写真は、ホームセンタームサシで見つけた水道のブラスチックパッキンです。
径もピッタリであり大変気に入りました。
そして価格は9円。楽しい買い物が出来ました。
さらに仕事で使用している筆入れは、使わないメガネケースです。

仕事柄、工夫や創意、そしてコストメリットは常に学習する必要があり、こんな買い物もその一貫です。


100909レガシートノカバー

私が仕事とプライベート両方で使用しているレガシーワゴンで、トノカバーを固定するストッパーの部品が壊れてしまいました。

私の場合仕事柄、お客様の「血と汗の結晶である金属加工品」をお預かりして、積む場合が多いでのワゴン車を選択しています。
精密加工品をお預かりする場合も多く、トノカバーでの目隠しは必須です。

早速、新潟スバルG-PARK亀田店で直して頂き、明日の納品業務に備えました。
いつも心地よいタイムリーな対応をして頂ける私の大好きなお店です。
いつも車のメンテナンスをして頂いているこちらのお店も私の仕事を支えてくれる大切なパートナーです。

こちらのお店も心より感謝しています。







100904太夫黒の神社
100904太夫黒の看板
100904太夫黒の塔

新潟市北区太夫浜小学校の向かいにある太夫浜諏訪神社の隣にある「太夫黒の塔」です。
偶然、この近くのお客様に訪問する前に見つけた看板です。

源義経の愛馬の墓だそうです。
太夫黒という馬らしく、その馬がここで亡くなったので、湖の近辺が太夫浜となっとも言われています。
この看板は比較的新しい去年立てられたものでした。

こんなところに名所あり。

新潟市北区も面白いスポットがありそうです。

100901へんじんもっこ

9月のへんじんもっこのカレンダーです。

8月のポイントは

①自分の居場所を作る為に扉を開ける。
②家族を大切にする。
③プラス思考で行けば、モノ事は必ず動く。
この三つが熱意を持つ上で重要である事に気付かされた月でした。
これをベースに8月の目標に取り組みます。
でしたが、ほぼ自分では実現出来たと思います。
でも一番不足したのは②でした。
仕事が優先で一番大切なものに不足感を感じました。

8月は仕事の面では色々と「地盤が固まった月」であったと思っています。
労働を最善の友として、そこに「家族を大切にする」を実践出来る月にします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。