越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この先週末に「ある方」とお話をさせて頂いて思った事です。

「その場しのぎの慰め」って、そのときは「本人の気持ちを慰める」ことにはなりますが、その後の人生において、「その方の為になる」という観点から考えると「そうじゃない」と私は思います。

本当の対処とは
①今回に至った経緯を真摯に受止め、「何故?」という要因を自己分析する。
②自己分析を入念にした後、「その環境下で自分はどうしたいか?」というベクトルを明確にする
③ベクトルが明確になったら、そのベクトルに進んだ場合の「シュミーレション」を自己分析する
④その後、「ネックセクター」を明確にし、覚悟して取りかかる

こんな事をサポートしてあげること。これが「本当の思いやり」だと私は想います。

ある判断をし、それに対処し、対外的な障害を乗り切ること。これはあくまで一過性の対処であり、その後の「時間」(対処してからのアフタータイム)の方が、圧倒的に長いのです。
その長い時間の中で、①~④という取組手法を取り入れ、対応ノウハウとして蓄積してもらう事。これが本当の「思いやり」だと私は想います。
この土日の2日間、とても良い経験をさせて貰い、勉強をさせて頂いた週末でした。






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/1003-1198a8bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。