越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月の新潟相互タクシーに続き、新潟県の最老舗の新潟タクシーも自己破産という道を選んで無くってしまいました。

2社とも、主に旧新潟島の西新潟方面を営業エリアとした保有台数の多い会社でした。
社歴があるという事は、それだけ内部留保や資産ももっていると考えられますが、伝統を守りつつ
「チェンジ」すること
が、どんなに大切であるかを、この2社は教えてくれました。

時には「チェンジ」の妨げにになる「伝統」。
自分達の営業エリアを分析した場合
①以前からの旧家が多く、子供達は郊外へ移転している場合も多く、高齢化の進む家庭が多い。
②人口の頭数は増えず、高齢化が進めば自然減になっていく方向にある。
③繁華街の夜の古町の客数が激減しておりこちらの仕事は多くは望めない。


でも良く考えるとこれは全て「注文を待つ営業」であり、以前の良き時代の「待ちの営業」という方法でしかありません。
タクシーを利用しない人たちに「こんな便利な使い方がある」、「ドアtoドアとはこんなに便利なものなのです」、「マイカーや車を所有するよりこんなに経済的」などのキーワードで新サービスを提案し、今まで乗らなかった人達に利用してもらう事。
これが、これからの新潟市内のタクシー会社には必要な事だと思います。

地方都市の場合には、若者の車離れは、まだ当てはまりませんが、「タクシーをあまり利用しないマーケットの人はなぜしないのか?」
これはサービスを提供する側の考えではなく、乗らない人達の「なぜ乗らないのか?」を知り、消費者目線のサービスを考案する事。これがスタートラインです。
その上で、どう考えても乗らないマーケットは捨てる事。
その捨てたマーケットを拾う会社もあるかもしれませんが、自分達の営業エリアを考えて無理であれば「捨てる勇気」も大切です。

来年は「天地人」の関係で新潟へ来る人も多くなるはずです。
そんな「天地人」撮影クールたちの仕事を貰う。それを新潟県のハイタク協会でセールスし、当番会社を決める。
こんな仕事もありだと思います。

そしてその撮影現場にお客様にタクシーで見学に連れて行く。
NHKの許可も必要ですが、「新潟県を元気にする為」であればこんなアィディアもありだと思います。

頑張れ!!旧新潟島のタクシー
コメント
この記事へのコメント
魔のゾーン「新潟駅」タクシー乗り場
私は新発田で生まれ育ち、東京・名古屋・大阪・広島・を学生/社会人として経験し、
八年前に戻ってきて現在、豊栄早通に在住しています。

新潟のタクシーの印象
東京とくらべ
良い点・概ね地理が理解できている運転手さんが多いです。(商売になるエリアが圧倒的に狭いと言うこともありますが)
悪い点・新潟駅タクシー乗り場から短距離の場合「おしなべて」態度が悪くなる。
この、「おしなべて」と言うところが結構重要に思えるのです。
半数以上の運転手さんは、短距離のお客さんはお客さんでない、という思いなのではないでしょうか?

いちど説教されたことがあります。
「近くのお客さんは駅から乗っちゃダメなんだよ。『ほらあそこ』(とブラザービルの横断歩道を指さしながら)から乗るんだよ。
我々、駅タクシーは1時間半待ってお客さんへの順番が回ってくるんだから
それなりの距離乗ってもらわなきゃ合わないんだよ」
個人タクシーのジジイでしたが、今でも名前を覚えているほど苦々しかったです。

説教喰らったのはそれ一度だけだったですが、言葉にするしないにかかわらず、そう思っている運転手さんが多数を占めているんじゃないかと思う。
駅のタクシー乗り場からの短距離で行き先を告げて返事が返ってくることは半分以下でした。
「逓信病院までおねがいします」「・・・・」
ドアをバン!と締められ、ダッシュ鋭く終始無言。
「領収書お願いします」 「チッ!」

東京から新潟に出張で来て(私には地元なんですが)駅タクシーに乗って、不愉快な思いをたくさんしました。
駅以外で乗って「会話がはずみ」良い運転手さんで嬉しいな、と思ったこともたくさんありますが、
きっとその運転手さんも「駅乗り場から短距離のお客さんには」不遜な態度で対応するに違いない。(笑)
と思う私なのであります。

今は豊栄早通に住んでいるので、太陽交通さんをよく利用しています。
初乗り310円で安くてとても助かっています。
なぜかといえば、自宅から早通駅まで390円でいくからです。
初乗り610円だったのが390円で済むのですから「近くてものって下さい」を実践しているわけですよね。
電話で配車をお願いして、運転手さんに「近くてごめんなさい」というと「全然気にしないで下さい」と皆さんとても親切です。
空港まで行くことが時々あります。
空港から帰りに標準料金の他社タクシーに乗って自宅まで帰ってきても、やっぱり初乗りが安い太陽交通さんの方が安いですから、中~長距離も初乗りが安いタクシーの方がお得なようです。
さすがに空港から河渡までといわれたらショックでしょうが、新潟駅から万代ビルボートプレイスまでなんてありふれているんじゃないですかねぇ。


いったい新潟駅って、運転手さんにとってなんなんですかね?
伊勢丹行くお客さんだって多いでしょう。傘持ってなければ東映ホテル行くお客さんだってあるとおもうんですけどね。
素人以上にその可能性があることを解っていながら新潟駅で待機しているはずなのに、お客さんをまるで「ハズレくじ」のごとく接し方をされるととても不愉快。

何度か経験する内に、出張に新潟に来るときは意地でも駅タクシーのりばで短距離を利用する私がそこにいました。
十年前の話です。
2008/12/08(月) 16:35:07 | URL | Jubileegold #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/279-150394cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。