越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巷に吹く風は原価や販管費の経費を徹底的に下げ、この時代を乗り切る方向に行っています。
新聞に書かれる企業は大企業であり、日本の企業の過半数を占める中小企業は、また違った方法があるはずです。

中でも販管費は、売っても売らなくてもかかる経費で、間接人員の人件費をこちらで見ている企業も多いはずです。
ここにひとつのヒントがあると思います。
「売っても売らなくてもではなく、販管費が売上を生む仕組み」をこの時期に考えるのも一つの方法だと思います。

例えば
モノ作り、物品販売、サービスの業種全てだと思いますが、「販管費の人員の人に徹底的にWeb環境を使ってもらう」のも一つだと思います。

自社のコア技術や商品、サービスに関心のありそうなサイトやブログとコミュニケーションをとり、具体的にはコメントを書き込んだり、メールにて連絡を執ったりする。
こんな事の「継続した繰り返し」により認知度は高まるはずです。
さらにポイントは女性スタッフを活用する事です。
女性ならではの感性、継続する忍耐力、マーケットの女性化をカバー出来る力を持っています。


さらに、販管費の人員の人にも自社のコアは何か?強みは何か?こんな事を絶えず社内で意思統一し発信し続ける。
ココに一つのヒントがあるかもしれません。

大企業より小回りが効き、しかも必要経費は少なくて済む。
こんな強みを生かすため、「販管費を有効利用する」こんな事が大切なのかもしれません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/318-d2d8d880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。