越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090429与板城址看板
090429与板城址史跡

新潟県の長岡市の与板にある直江兼継が養子に入った与板城址です。

090510与板城地図リーフ

ここは、地図で言うと本丸のあった場所です。
ここも山城であり、104メートルの山頂にあります。
弟の住んだ天神山城址と比べれば、登りもやさしく「散歩がてら」に登る事が出来ます。

090429与板城址からの眺め

これは山頂からの眺めであり、長岡方面の街並みが展望出来ます。

090429与板城址兼継軍旗
090429与板城址杉の大木

山頂にある雁の絵を書いた直江軍の軍旗と、会津移封にあたり植樹した「城の一本杉」の写真です。

090429与板城お船しみず看板
090429与板城お船清水

これは、お船がお茶をたてた清水といわれる「おせん清水」の址です。
きっと兼継が帰って来たときには、美味しいお茶でもてなした事と思います。

天神山城址と比べれば標高も低く、歩道も整備されており、訪れる人は圧倒的にこちらが多かった日でした。
天神山城から西の方角へ車で40分ぐらいで、この城跡に来る事が出来ます。
兄弟が本拠地としたお城址を比べてみて実感するのも良いと思います。










コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/370-783b6ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。