越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
物事を考える時、総論と各論を区別して討議する事があります。

でも良く考えると、個人により各論と総論の垣根がないことも多いはずです。
であれば、区別をせず、ディスカッションをして箇条書きにして行くと、各論から総論が見える場合も
多いはずです。

この時代、ディスカッシッョンの進行役の固定概念ではなく、「広く、色々な立場よりの生の声を聞く」事が、事態の解決に繫がる場合も多いはずです。

総論と各論とは、意見を述べる人の価値で判断して話してもらう事が大切です。
それから総論が発掘される場合もあります。

最初から総論を求めても、なかなか出てくるものではありません。
「話の叩き台」は、このご時世に大切なファクタです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/382-edbdacd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。