越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090705安田城址看板
090705安田城の堀
090705安田城址全体

鎌倉時代初頭に当時白河庄と呼ばれた阿賀野市一帯の地頭となった大見氏が築城したと言われています。
その後大見氏は地名である安田氏を名乗り、城郭を整備するなど領国経営を行い、戦国時代を迎えます。
安田氏は揚北衆(北越後の国人衆)として長尾氏に次いで上杉謙信、景勝に従属し川中島合戦や御館の乱、新発田重家の乱など多くの戦に加わり功をあげています。

そんな城跡が今では、交通公園や野球場となり、しみんの憩いの場として整備されています。

090705安田城址の石碑
090705安田城の紫陽花

そんな公園内に咲いている紫陽花に二匹の雨蛙がいました。
なんかホッとするアングルだったので、思わずシャッタを押してみました。



090705考順寺正面
090705考順寺 三度栗石碑
090705考順寺 三度栗の木

この城跡に直ぐ近くに考順寺と言う浄土真宗のお寺があります。
越後七不思議の一つ「安田の三度栗」で有名なお寺です。
親鸞 聖人が、保田の里を布教にまわったとき、信徒のささげた焼栗をまいて仏縁を説いたところ
芽が出て繁茂し、1年に3度実り又1枚の葉の先が2枚に分かれて成長したといわれています。
当時の木は枯れてしまったが、現在では若木が育っており、今でも1年に3度実ると言われています。

090705考順寺の池

お寺の裏には、素晴らしい池があります。
ここもこれからの季節に新緑で涼を感じるには大変良いお寺です。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/411-670d78e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。