越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090705笹岡城址入口看板
090705笹岡城址説明看板
090705笹岡城址全体
090705笹岡城址の石碑

笹岡城は守護・上杉氏が、独立性の高い揚北の諸豪族を監視するために築かれた、上杉氏の番城でした。この揚北に打ち込まれた楔が最も機能を発揮したのは、新発田重家の乱の際でした。
その際に上杉景勝の最前線となったのが笹岡城です。
現在は、このような公園になっており、近くの子供達が元気に遊ぶ姿が見れます。

この城跡の直ぐ近くに華報寺があります。
090705華報寺全体
090705華報寺説明看板

華報寺は、この地に訪れた弘法大師空海が五頭山の山頂に五頭権現を勧請し山麓に堂宇を建立したのが始まりとされています。五頭山は山岳信仰の拠点の1つとして鎌倉時代に全盛期となり
4支院、32坊を抱える大寺院となり周辺にも大きな影響力をもちました。
その後次第に衰退していき、文明9年(1477)に現在の村上市にある耕雲寺の住職だった大安梵主が再興し、当初海満寺と称していた寺名を華報寺と改名しています。
現在の本堂は戦後再建されたもので蒲原三十三観音霊場の二十番札所となっています。
又、境内に隣接して弘法大師空海が開湯したという「華報寺温泉」という共同温泉があります。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/412-2e77daa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。