越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090809天地人ゆかりの地西川町田中城址
偶然、よくテニスをするコートの近くにあった城跡です。
上杉家家臣のひとり、大関親憲は大関阿波守盛憲の子で天文15年(1546)浦佐城で生まれたと伝えられています。
天正14年(1586),親憲,上杉景勝から水原城(北蒲原郡水原町)及び水原満家の名跡を賜って水原城主となり水原常陸之介親憲と改名しています。
まわりは、現在畑となっていて上杉家臣としてめずらしい平城であったようです。
そして、写真の説明看板に書いてある越後善光寺にも近くであるらしく、足を延ばして見ました。

090809天地人ゆかりの地西川町善光寺説明看板
090809天地人ゆかりの地西川町善光寺山門
090809天地人ゆかりの地西川町善光字本堂

上杉氏家臣の大関氏の娘が授かったという長野の善光寺の本尊と、同体の木造善光寺式阿弥陀如来三尊像を安置してあるのが善光寺如来堂で、越後善光寺として知られているお寺です。
この大杉氏が、揚北衆の一人である水原氏となった事は、この史跡で初めて知りました。
やはり、自分の息のかかった家来達には、要所を任す。
そして、監視するポイトンには、それなりの人間を配置する。

こんな事を感じた史跡でした。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/432-767dfa19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。