越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090927天地人南魚沼 開興寺説明文
090927天地人南魚沼開興寺の看板
090927天地人南魚沼開興寺正面

南魚沼市にある関興寺というお寺です。
開興字寺も上杉氏とのゆかりが深く、寄進された大般若経を味噌桶の中に埋めて、火災から逃れた言い伝えのあるお寺です。
そしてその味噌のご利益と、厳しい禅寺での修行を終わった人だけに渡される味噌から「関興寺の味噌なめたか」の言葉が生まれたそうです。

090927天地人南魚沼開興寺本堂内
090927天地人南魚沼開興寺の説明風景

本堂内に入るとたまたま、団体お客様がいらっしゃり説明をして下さっていたので案内と説明を受ける事が出来ました。
そして味噌もなめてみましたが、いなか味噌の風味のある味噌でした。
こうじの量は少なめの味噌でした。

090927天地人南魚沼開興寺味噌こねおけ
090927天地人南魚沼開興寺味噌おけ

これは味噌をこねる鉢と味噌桶です。

090927天地人南魚沼開興寺中庭
090927天地人南魚沼開興寺経蔵

これは山を利用した自然な中庭と経蔵の様子です。
味噌の効用を上手く利用して災難から逃れ、貴重なたんばく源としても活用した昔の方の知恵には感銘をして南魚沼を後にしました。

まだまだこの地域も殆ど探索が出来ていませんので探索を続ける予定です。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/462-d80509cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。