越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
091201広域ネットワーク朱鷺他日報記事 001

12/1(火)新潟日報朝刊の県内経済の記事のひとつです。
内容は、長岡、小千谷、柏崎、十日町、燕、三条の各商工会議所と経営者30名が企業間連携をして受注拡大を目指す「広域ネットワーク朱鷺」を発足し、初回会合が長岡の商工会議所で開かれたとの記事が掲載されていました。

このエリアを見れば一目瞭然、金属加工に関しては出来ない事はないと断言しても良いと思います。
長岡~柏崎エリアでの一品料理仕事と燕・三条での量産品製造のノウハウを生かし、各企業が「自社工程の一部」として連携する事が出来れば依頼する方としても「各工程間の移動コストは少なく済む」事に繋がる可能性もあるのです。
お互いエリアの「コア部分」を理解し、今までの守備範囲とは違った発想をする。
そんな事から各社の持つ技術の用途開発」が出来てくるはずです。

091201燕・三条の交流展日報記事 002

こちらは県央地域地場産業振興センターの主催で、この12/3~4日に東京都の大田区の企業との連携を探り、共同プロジェクトの創出や新たな受注を目指す取組だそうです。

「自分の技術を知ってもらうには、先ず相手先に関心を持ち理解をする」その事で、お互いの理解が生まれていくものだと思います。

この単発のみで終わらない為には「自社の存在を発信し続ける事」こんな事が大変ポイントになると思います。
自社を過小評価せず、自身を持ち「コア部分を徹底的にアピールする」事。
これが大切だと思います。

新潟県の製造業は雇用的にも大きな責任を担っています。
是非「元気になって飛躍して頂く事」を心より期待しています。

がんばれ!! にいがたのモノ作り




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/492-7a682c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。