越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100503坂戸城跡近くの山桜
100503坂戸城跡の中の山桜全体
100503坂戸城跡の桜吹雪

坂戸城跡周辺の桜の様子です。
正に満開!! そして適度な風に舞う桜吹雪!!大変いいものを見る事が出来ました。

100503坂戸城跡のかたくりの花の群生
100503坂戸城跡のかたくりアップ

そして同時にかたくりの花も見る事が出来ました。


100503浦佐毘沙門堂の桜
100503浦佐毘沙門堂の不動明王
100503浦佐毘沙門堂の本堂

さらに来るまで30分強北上した魚沼市の浦佐毘沙門堂の桜も正に満開でした。
真ん中の写真は不動明王様であり、裸押し合い祭りの再には、前の水の中に入りお清めをしてから本堂へ入る慣わしがあるそうです。

100503玉川酒造の正面

100503越後ゆき蔵館の貯蔵庫

そこから守門村方面へ向ったところに玉川酒造という酒蔵の越後ゆきくら館という酒蔵見物のでる蔵元があります。
最近では「さむらい」というお酒で名前を聞いた方も多いと思います。
下の写真が雪の蔵です。

100503越後ゆきくら館説明文
100503越後ゆき蔵館の貯蔵酒
100503越後ゆき蔵館の貯蔵酒の一覧

約5℃の中で貯蔵されている貯蔵酒です。
これも個人の好みですが、お酒は寝かせると大変風味が増し美味しくなります。私は寝かせたお酒の方が端麗モノよりは好きです。

残念ながら車の為、試飲は出来ませんでした。
今度は公共機関の交通手段で行くつもりです。



100503山古志周辺の田んぼの様子
100503山古志周辺のふきのとう

今度は国道351号線経由で旧栃尾へ向う途中の山古志周辺の様子です。
まだこの残雪があり田植えはまだ、出来そうにありません。そしてやっと、ふきのとうが出てきている場所も多くありました。
まだ早春といった感じです。

100503旧栃尾森上南部神社鳥居
100503旧栃尾森上南部神社説明文

そこから10分弱旧栃尾に入ったところにある森上・南部神社です。
森上(もりあげ)の南部神社は、奥州盛岡の地から勧請されたと伝えられているそうです。
森上には、南北朝の動乱期に、後に南朝方の総帥となる新田義貞が鎌倉幕府打倒をめざして上野国で挙兵した祭に、早速、二千の兵を率いて駆けつけた越後妻有の豪族大井田一族に義貞挙兵を知らせたのが南部神社の山伏であったという言い伝えがあるそうです。

ここの猫は運気上昇や商売繁盛の神様としても信仰の高い神社だそうです。
また次回で直しで参拝の予定です。

天候も良く、「心の洗濯」をさせてもらった1日でした。






コメント
この記事へのコメント
満開の桜もいいですが桜吹雪がとてもステキですね!
こればっかりはタイミングですものね
うらやましいですよ☆

山古志はまだ雪が残っていましたか?
わらびを買いに行きたいのですが
まだまだのようですね

ふきのとうはふき味噌や天ぷらにしがちですが
煮びたしもおいしいですね
アタシもこれだけのふきのとうに遭遇してみたい・・・笑

心の洗濯は大事ですよね!確かに!確かに!

2010/05/04(火) 10:33:38 | URL | ひまあゆ #Ak51kPpI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/555-1fb6b81f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。