越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100508サンシン液晶盤両面研磨機日報朝刊記事

5/8(土)新潟日報朝刊の経済面の記事です。
このブログで何度か紹介をしている長岡市にある㈱サンシンという会社です。

液晶ディスプレイを作る際に使う大型のガラス基板を切断した際にガラス片がバネルに残り、それを片面ずつやっていたものを両面同時に作業できるようにした装置だそうです。
これも作業時間を半減させるといった「コスト削減への取組」の大きな武器となります。

ここの会社は「テープ研磨」という精細な磨きを必要とするマーケットに徹底的にこだわり、自分達のコア技術を磨いている会社です。

ここの会社のモットーに「小さな池の大きな鯉であれ」という言葉があります。
小さな池とは「自分達を必要とされるマーケット」であり、その中での存在感を大きくする意味合いが込められていると思います。
新潟県には県民が自慢出来るモノ作り企業は多くあるのです。


がんばれ!! 長岡のモノ作り


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/558-d8927c80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。