越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私のやっている仕事ワークアシスト11/22の記事で書いた事について冷静に考えて見ました。

ポイントは「誰かの犠牲の上に成り立っていないか?」という観点で考えれば、今回の対応は自分自身及第点は付けられないと言う結論に達しました。

「にいがたを元気にする」為には犠牲の上での成立では、ダメだ。と言う事を強く感じました。

そして今後どうするか。対応策を自分なり考えた結果が、次のポイントです。

1)今だけではなく、将来に渡った両社のメリットを確実に両方に伝える事
2)もっと自分の懐を深くする為の、今よりもっと広いコミュニケーションの輪を作る事
3)両社の真意は何処にあるか、のもっと深い掘り下げ


この3つのポイントで生涯学習をしようと決めた日になりました。
コメント
この記事へのコメント
励みになりました!
いつもアドバイスありがとうございます。
私的にはセールスとの1)両“者”のメリット、2)もっと広いコミュニケショーンの輪、3)両者の真意の追求について悩んでいて思うようにいきません。
まさに懐の大きさや人間力(=上司の器)だとつくづく感じます。
2010/11/23(火) 22:40:20 | URL | 新米課長です! #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/637-77bba345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。