越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/25(水)にワークアシストの仕事で燕のプレス屋さんと打ち合わせがあり燕市へ行って来ました。
この地域は、仕事の打合せでは多いときは週三回位行く第二の故郷(笑い)みたいな所です。

110126燕弥彦角田

移動の最中、あまりにも雪と弥彦、角田山のコントラストと天気が良かったので、車の中から撮影をした写真です。
お邪魔したプレス屋さんの会長に聞いた話ですが、今の季節でも弥彦山を登山する方は大変多く、挨拶するのが大変なぐらいすれ違うそうです。
私も季節をみて、是非初心者の方のコースの弥彦神社の入口からパワースポットの登山をしてみたいと思います。

折角、燕へ来たのでお昼休みを利用し見学したいところがあったので見てきたのが下の写真です。
110126燕鉄工所展看板

燕の歴史を少しでも勉強し、この地域のルーツを少しでも知りたくて「燕の鉄工所展」を見学しました。

110126燕産業機械の始まり看板
110126燕鉄工所の系譜

もとは隣の長岡の油田開発の設備の流れを汲み、そこの方がプレス機を作り始めたところから始まっているそうです。

そしてそこからのれんわけのように独立し、育っていった方々の系譜図が下の写真です。
やはり、その当時からこの燕には事業欲の旺盛な方々が多くいたことが分かりました。
是非、この時代でもそんなDNAを発揮して欲しいと心から願いました。

110126燕プレス機の作り方
110126燕プレス機の木型
110126燕プレス機の木型.看板
110126燕プレス機木型を組上げたもの

当時のプレス機を作り方と、当時実際に使用したと思われる木型と、それを組上げたモノです。
今でも量産の機械はこういった方法をとるものもありますし、また専用機になれば当然木型を作らずに作るものもあります。

110126燕現在稼働中のプレス機

そんなルーツが生かされて現在でも稼働しているプレス機の写真が上の写真です。

110126燕航空機工業写真

この中で気になったものがあっので載せておきます。
やはり、戦時中も燕は軍事産業に転換した時期もあり、航空機の部品を作っていた「燕航空工業」という会社の方々の写真も展示してありました。

色々な時代を経て、その時代の変化に対応し、生命力の強い企業が燕には沢山あります。
「またまだ行けるし、行く」

もっともっと、この地域の方と仕事を通じて沢山の出会いを貰い、知り合いたい。と思わされた一日でした。


頑張ろう!! TSUBAMEのモノ作り

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/669-d3c9f0e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。