越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
110327燕カトラリー展入口
110327燕カトラリー展カトラリーの意味ポスタ

3/27(日)の午後から燕市にある産業資料館で行っているカトラリー展を見に行って来ました。
今年は、金属洋食器製造100周年と言う事で燕市は各種イベントに力を入れています。
カトラリーとはナイフ・フォーク・スプーンの事を言うらしく、展示場には様々な歴史を感じる展示がありました。

110327燕カトラリー展素材の加工看板
110327燕カトラリー展B29の逸話

この2枚の写真は、戦後の混乱期に設備や素材を調達するのに当時の燕の人はどうしたか。という逸話のようです。
豪快というか、手段を選ばないというか、燕が不死鳥といわれる由縁だと思います。

110327燕カトラリー展磨き屋の仕事場
110327燕カトラリー展番頭さん看板

これはカトラリー製造には欠かす事の出来ない「研磨屋さんの仕事場」を再現したコーナーです。
燕は仕事を依頼した人が、加工完了品を取りに行き、その中で情報交換をして、また仕事を拡張させる。
こんな文化が根付いています。
私も早く「番頭さん」と言われるぐらいの仕事量を燕にもって行きたいと思いました。

110327燕カトラリー展バレル材

上の写真は、研磨屋さんが良く使うバレル研磨の研磨材です。
研磨の用途や、研磨品に応じて使い分ける材料です。

110327燕カトラリー展ノーベル賞製品大入り
110327燕カトラリー展ノーベル賞製品20本入り

そして最後の写真がノーベル賞の受賞者へ渡される記念品です。
ガラスケース越しの写真ですが、素晴らしい光沢でした。

いつも仕事で大変お世話になっているお取引先がある燕市を少しでもより深く理解し、そこの方々のルーツや加工技術を少しでも勉強し、この技術がこれからの「つながろう日本」へ少しでも役立てば良いと思います。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/693-b826b6ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。