越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5/7(土)はクロスパル新潟で取引先の主催の資産保全セミナーを受講し、終了後その足で知人の出演するオープン演奏会を見に行く為、自転車で新潟を探索をして見ました。

110507ラ・フォル・ジェルネ古町6

ラ・フォル・ジュルネ新潟2011の関連イベントの開かれている古町6辺りの様子です。
飲食するお店と、オープンスペースで演奏される方々で、賑わっていました。

110507ラ・フォル・ジェルネwithビル解体看板
110507ラ・フォル・ジェルネwithビル解体

その通りから一歩、外に出ると、以前カニ道楽の入っていたビルの解体工事をしています。
私の世代はここは「イチムラ」というデパートの方が想いでにある場所です。
ここに来る前に近くで、今年の3月いっぱいで、創業50年の看板に幕を下ろした牛肉屋さんの看板も見ました。
「歯抜けになってしまう古町」に大変悲しみを感じました。

110507ラ・フォル・ジェルネ門前音楽ライブ

さらに上へ移動するとそこでは、ラ・フォル・ジェルネ門前音楽ライブをやっていました。
こちらは新潟をベースに活動するジャズ演奏者の方々です。このグループ以外にも2~3グループが、この夕方の時間帯では出演をしていました。

110507ラ・フォル・ジェルネリュートピア看板
110507ラ・フォル・ジェルネ演奏者挨拶
110507ラ・フォル・ジェルネ演奏者

その後、リュートピアへ移動し、私の知人の出演するオープン音楽会場で演奏を聞かして貰いました。
演奏曲は「ベートーベンはピアノソナタ第8番「悲愴」」でした。
この曲は、ベートーベンは自分が作った曲に、ほとんどタイトルをつけていませんが、ピアノソナタ第8番の「悲愴」は、ベートーベンが自ら標題を考えた、数少ない作品とのことです。

タイトルである「悲愴」とは、悲しくて痛ましいという意味を持ち、これは、ベートーベンが音楽家としては致命的な難聴を患ったことによる、深くて大きな悲しみを楽曲にこめたことであると考えられると伝えられています。

ですが、交響曲第8番「悲愴」は緩急が入り混じっているテンポにより、ベートーベン個人の悲しみだけではなく、人間が生きていくことで出会う、さまざまな困難と悲しみによる感情の起伏を表現しているかのような曲となっているそうです。

緩やかなテンポの時は、深い悲しみがよみがえる感情を表現し、激しいテンポの時には、悲しみを忘れている時期を表現していると考えることができるそうです。

私は「クラッシックの演奏を生で聞く」という体験は人生の中で始めてであり、以前であれば、お誘いさ頂いても
行かなかったと思います。

それが何故行く気持ちになったのか?。それは

①もっともっと自分の知らない事を体験し、見聞を広げたい
②見る。だけではなく「聴く」事で、自分の五感をもっともっと刺激したい

という理由が大きいのです。

ピアノという電気の力を利用しない楽器で、それも歌詞のないメロディーで人の頭の中に「あるイメージを与える力を持つ」
音楽の持つ力を認識させられた一日となりました。

お誘いを頂き、大変ありがとうごさいました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/711-046a0b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。