越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
110727スノピークエントンラス
110727スノピークキャンプ場

昨日、財団法人にいがた産業創造機構の主催のITセミナーが、三条市のスノピークの新社屋で開催されたので、仕事のスケジュールを県央で組み、受講をして来ました。

この会社はアウトドアツールのメーカーであり、永久保証をする事でも有名なメーカーであり、インターネット環境をかなり以前から、仕事で活用をされている会社でした。

110727スノピーク事務所

セミナー後に見学をさせて頂いた新社屋の事務所です。
基本は
①全てのセクションが、この部屋で同居している
②昨日と同じ席には座っていけない
③同部署同士で隣に座ってはいけない
というルールがあるそうです。

このお陰で、社長が「異なる部門の調整役」をしなくて済むようになったとの事です。

110727スノピーク工場

この写真は、製造現場工場の様子です。
ここは現在、見学コースになっていて土日に生産のピークが来るように自然的になってしまったとの事です。
これも現在「工場萌え」という方々がいらっしゃるので、そういったニーズに合わせてピークカットに繋げる方法の一つかもしれません。

110727スノピークアフター部門

こちらは自社製品の修理を受け持つアフターサービス部門です。
現在、お預かりしてから出荷するまで中一日だそうですが、それを半日にする目標を立て実行に向けて取組んでいるそうです。
こちらは永久保証が前提であるため、直接金を生まない部門ですが、そういったところにも確実に顧客を満足させる体制に強化する事を怠らない姿勢は見習うべきポイントです。

110727スノピーク売店

最後の写真は直営店の店内です。
自社製品だけではなく「MADE IN 燕・三条」の製品が多く展示されていました。

私も仕事柄色々とIT関連のお手伝いをさせて頂く事がありますが、今後のキーワードとしては

「クラウド環境により、作る~使う。使ったもん勝ち」
という事に改めて気付かされました。

そして色々と世の中にあるサービスを組み合わせて、コミュニケーションの仕組み構築する事。
これが大切。

と勉強させて頂いた日でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/738-3209a921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。