越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事柄、沢山の方と出会い、その方々の想いを「その想いを必要にしている人」を見つけ、繋ぐお仕事をしていると、つくづく、この記事タイトルの通りである事に行き着きます。

具体的には

①既存の協力先と色々な面で、交渉が決裂し、新たな取引先を探す
②新しい事に取組むので、その分野のコア技術をもったところを探す
③現状打破をするため、自分達のコア部分をより多くの人に知って欲しい

等、具体的にはこんな事が、人との出会いや分れを生み出します。

そして、その根底に流れるのが「お互いに血の通った人間同士」で仕事をしているという事です。

所詮、対会社同士という建前に成り勝ちですが、会社の建物自体は、対外的な人間同士コミュニケーションは取ってはくれません。
やはり人同士が。その現場現場でモノ事を進めて行きます。

そんな中で「売り言葉に買い言葉」となり、お付き合いが長ければ、さらに「なぁなぁ」でやる傾向が強くなり、こじれる場合が多いのが実情です。
こんな分かれがあると、その裏には「新しい出会い」が発生し、新たな取引が始まる場合も多く有ります。

先日、おじゃました新潟市内の切削加工会社の社長がおっしゃっていましたが「結局は会社の付き合いの前に、担当者との付き合いがあり、直接顔を見て話すことにより取引が深まる」としいう話をされていました。

これは「何を今さら」ではなく、「こんな現在だから本当に大切なこと」
だと再認識をしました。

「時が変わり、人が変わる時」
こんな時こそ「ビジネスチャンス」は潜んでいます。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://echigokodawari.blog112.fc2.com/tb.php/774-810d57d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。