fc2ブログ

越佐こだわり通信

「にいがたを元気にしたい!!」経営者二年生の管理人が、日々の行動の中から感じた「にいがたの素晴らしさ、素晴らしい人、素晴らしい商品、サービス」をお伝えしています
新潟大和、北光社、西堀ローサそれについで今回ラフォーレ。
もうこれは、市民全体で考えることのような気がしてなりません。
行政がどうのという次元を超越して「草の根」からやっていく必要があると思います。

私は以前から「古町~上古町~本町~下本町~西堀~東掘」という新潟島を一体で元気にする必要があると想っています。
ぞくに言う「新潟島元気プロジェクト」です。

ここのエリアは「万代島」とは違う良さ。具体的には

1)本町という「にいがたの食」を売れるエリア
2)小路文化という歴史の匂い
3)西堀という寺町
4)上古町という「コア分野」のお店
5)直ぐ近くで「日本海の夕日」がみれる絶好のシュチエーション
6)西堀ローサーという全天候型ショップハードウェア
7)車に頼らないシルバー世代の持つポテンシャル
こんなに沢山の「万代島にはない商品」が沢山あると思います。


各個個のコミュニティーが個別に一生懸命集客をされていますが、私が思いつく商品、サービスを幾つか具体的にあげて見ます。

1)西堀ローサへの「本町出店」
これは本町の食材を冬は暖かい、そして夏は涼しいローサで店を出し、そこの食材を買い、その食材を料理して「西堀ローサで飲食出来る」複合化テナントです。
「酒の陣」で来たお客様をそのまま帰さないで、ここで「にいがたの食」を堪能してもらいます。

2)食のテナントへの新潟大和DNA注入
これは、この新潟島へ多い高齢者の方々が安心住め、そして安心できるのであれば、そのエリアへ次世代が住めること。
固定資産税の優遇措置も、このエリアには必要だと想います。

3)年配者が、寒くても、暑くても快適に一日外出出来る新潟島へ
この方々の外出頻度を上げれば必ず経済は廻るはずです。

4)ベロタクシーによる小路~寺町探索「小旅行」
市外から来た人への観光コースを作り必ず、食事は「にいがた」を感じさせるこの界隈の飲食店を盛り込みます。
そして「昼のお客」を→「夜のお客へ」
「ウェルカム古町優待券」を発行し、古町の夜の飲食店へ集客を図る「昼→夜」連携です。


ざっと書きましたがこれは「万代島とは勝負せず」共存協栄を図ることそしてエリアコアを活かした「車に依存しないエリア特性」を活かす考えです。
また「自転車」もひとつのキーワードですので「エコふるまち」なんてのも面白いと想います。

こんな市民ひとりひとりの声、それが最終的に行政を動かす。「新潟のアイスアリーナ」なんてひとつの良い例だと思います。

今の新潟島の住民が元気なうちに「新潟島の元気」を強く熱望しています。







最近よく考える事。
ビジネスの依頼ごとや相談ごとに対応する場合、案件が重なると「回答する」事が目的なってしまい、それが本当に依頼先様のメリットになるのだろうか?
これを充分考慮し、仕事をさせて頂くこと。案件が多くなると「スピードを持って回答すること」になり勝ちであることが最近、反省するポイントです。

ではどうするか?

①ご依頼案件に対してセンター位置に立つポイントを明記してみる
②その対応案でメリットを享受出来る人は誰か?明確にイメージする
③スピードと継続性、どちらのプライオリティーを優先するか

この三つのポイントを
フリーノート
この日頃活用している白紙のノートに書いてみること。
それをまた、徹底してみようと思います。
何故相談して頂けるのか?
それは自分の持つネットワークとスピードに期待しているのでご相談して頂けるのですが、
絶対に「結果が出る」ことに期待しているはずだと思います。

初心に返り、「考える手間を惜しまない」。
今年、半年経過した時点で残り半年、徹底しようと思う「大切ごと」です。





会社を設立し6年目を迎えた今年、今までとは全く違った事があります。
それは仕事していて「モノ」「事」を動かす、始める、そして変化させるというお問合せや対応依頼、そしてご相談が多いという現状に現在なっていると言う事です。

どちらかと言うと年度始めの四半期は動きが鈍く、お盆前当たり、具体的言えば海の日あたりから加速化する場合が多かったのですが今年は、「動かす」「変化させる」為のお仕事の対応を多く頂き、とても嬉しく嬉しく思っています。
お陰様で「対応出来る範囲」も拡大したこともありますが、何より「引合い件数」は例年の比ではないのです。
何より「マーケットが動いている」「日本回帰」が大きな要因だと思います。
でも、この世界、何時までもこれが続くことは絶対にありません。
ひとりひとつの対応を丁寧にスピードを持ち、クオリティーを上げて、何より「結果を出す事」。
それには今までにも増して「背伸びをして仕事に対応すること」
その為、もっともっと色々な人をコンタクトを取り、実際に色々なモノを体験し、そして自分の目で見て判断、体験する機会をもっと増やす事。

これが「来る冬の時代」には必要だと思います。
イソップ童話の「蟻とキリギリス」の蟻を目指して、来る冬にも対応出来る体質にしたいと思います。






仕事関連の更新が多く、ワークアシストブログまたは、facebookでの投稿が殆どになっています。
やはり、一番の関心事は仕事です。
何故、ここまで好きか?

それは「モノ作りに携わる人が好き」だと思います。
人に纏わる仕事は、足し算仕事ではなく、掛け算仕事になる場合が多くとても面白いからだと思います。
そんな仕事に役立つものを見聞きし、体感すること。
そんな中で感じたこと、そして「掛け算」になるようなヒントを貰えたこと。

そんな、モノ作りには直結していないようですが、関連性が興味が沸いたこと。
こんな事があった時に、こちらのブログをアップしてみたいと思います。




150118日和山五合目入口
150118日和山五合目カラ見た住吉神社
150118日和山五合目店内カら見た住吉神社
150118日和山五合目店内の本
150118日和山五合目コーヒーセット
150118日和山五合目店内の本北前船

昨日、午後から家内を連れて行って来た。新潟市中央区にある「日和山五合目」というお店です。
(ネット検索をして頂くと一発で場所も分かります)
私の大好きな下町の一角にあり、「水先案内の住吉神社」の隣です。
写真でもお分かり頂けるように吹き抜けの店内では「新潟の本」が沢山おいてあり、じっくりとコーヒーを飲みながら「新潟を読書」することが出来るお店です。
中でも、気になった本が写真下の北前船の本です。
良い響きです。「海の総合商社」。仕事柄、「商社」というフレーズは大変気になります。
はしがきしか読めませんでしたが、「欲しい人に欲しいものを提供する」
これだから商いが繁盛する。とてもシンプルな構図です。
週末出張で新潟にこられ、変な喫茶店で打合せするぐらいなら、「にいがたを知ってもらう場所で打合せ」で、「にいがたをより好きになって帰ってもらい、にいがたを読んでもらう」
こんな使い方もありなお店だと思います。
お気に入り下町の場所が、また一つ増えた日曜日でした。